衣類の素材の特徴

衣のレシピ → 衣類の特徴

衣類の素材の特徴

衣類の素材の特徴をあげています。
○はメリット、×はデメリット、そしてよく使われる製品です。

綿綿

○吸湿性、通気性が高く丈夫です。
×シワになりやすく縮みやすい。

肌着やシャツ、ブラウスに多い素材です。

麻

○吸湿性が高く丈夫です。冷感があり涼しい。
×シワになりやすい、摩擦により毛羽立ちやすい、色あせしやすい。

夏物衣料や寝具にも使われる素材です。

絹(シルク) 絹(シルク)

○独特の光沢がありしなやかで肌触りが良い。上品で高級感がある。
×カビや虫のダメージを受けやすい。日光などで黄ばみやすい。

ブラウス、着物、スカーフやネクタイに使用されることが多いです。

ウール(羊毛) ウール

○保湿性が高く暖かい。シワになりにくい。
×虫のダメージを受けやすい。

セーターやコートなど冬物衣料、スーツなどに多く使われます。

カシミヤ(カシミヤ山羊の柔毛) カシミヤ

○独特の風合いがあり繊維が細く柔らかい。
×毛玉ができやすい。

冬物衣料に多く使われる素材です。

テンセルテンセル

○しなやかで美しい光沢がある。  吸湿性、速乾性が高く丈夫で縮みにくい。
×シワになりやすく縮みやすい。

セーターやジャケットなどに多く使われる素材です。

レーヨンレーヨン

○シルクのような光沢があり肌触りも良い。吸湿性が高い。
×シワになりやすく縮みやすい。

下着や婦人服、裏地にも使用される素材です。

キュプラキュプラ

○軽くて光沢がある。吸湿性が高く肌触りが良い。
×縮みやすい。

下着や婦人服、スカーフ、裏地にも使用されます。

アセテートアセテート

○シルクのような光沢があり肌触りも良い。  吸湿性が高い。
×シワがとれにくい。

下着や婦人服、スカーフ、裏地にも使用される素材です。

ナイロンナイロン

○丈夫で軽くシワになりにくい。
×熱に弱く、吸湿性・吸水性が低い。

下着やスポーツウェアやストッキングなどに使用されます。

ポリエステルポリエステル

○丈夫で軽く熱や摩擦に強い。シワがつきにくい。
×汚れがつきやすく落ちにくい。

シャツ、ブラウス、スカート、ワンピースなどに使用されます。

フリースフリース

○保湿性が高く軽い。暖かい。
×静電気がおきやすい。毛玉や毛羽立ちができやすい。熱に弱い。

ジャケット、マフラー、ソックスなど冬物衣料に使用されます。

アクリル アクリル

○保湿性が高く軽くて柔らかい。シワになりにくい。
×毛玉ができやすい。

冬の肌着や冬物衣料に使用される素材です。

ポリウレタン ポリウレタン

○軽くてゴムのように伸縮性がある。
×摩擦に弱い、ゴムがのびる。

ストレッチ素材の衣料や水着、首まわりや袖まわりに使用されます。

ポリプロピレン ポリプロピレン

○軽くて丈夫で汚れがつきにくい。保温性が高い。吸水性が低い。
×紫外線や熱に弱い。

スポーツウェアや水着などに使用される素材です。