防虫剤のこと

衣のレシピ → 防虫剤の活用

防虫剤の種類防虫剤の種類

防虫剤にもいろんな種類があります。
素材にあった防虫剤を選んで
大切な衣類を守りましょう。

ピレスロイド系防虫剤の種類

ピレスロイド系

衣類ににおいがつかないので普段着などよく着る衣類に便利です。
他の防虫剤との併用もOKです。

真鍮(しんちゅう)や銅などのパーツが付いているものは使用を避けた方がいいです。

樟脳(しょうのう)防虫剤の種類

樟脳(しょうのう)

すべての衣類につかえますが独特のにおいがあります。
他の防虫剤との併用はできません。

ナフタリン防虫剤の種類

ナフタリン

効果は弱いながらも長く続きます。
独特のにおいがあります。
他の防虫剤との併用はできません。

金糸・銀糸・ラメを使ったもの、塩化ビニール製のものは使用を避けた方がいいです。

パラジクロルベンゼン防虫剤の種類

パラジクロルベンゼン

速効性があり威力も強めですが効果はあまり長く続きません。
独特のにおいがあります。
他の防虫剤との併用はできません。

金糸・銀糸・ラメを使ったもの合成皮革のものは使用を避けた方がいいです。

防虫剤の種類をかえるとき防虫剤の種類をかえるとき

樟脳(しょうのう)、ナフタリン、パラジクロルベンゼンは
単独で使わないといけません。
もし、種類をかえる時はそのまま防虫剤だけをかえるのではなく、
必ず衣類を虫干しするなど風に通してから行いましょう。

防虫剤の臭いが気になるとき防虫剤の臭いが気になるとき

防虫剤のにおいがついたままの衣類は気になりますね。
そんな時は着る予定の数日前から風通しのよいところにつるしておけばいいです。

急ぎの場合は扇風機の風にあてる、アイロンのスチームをあてるという方法もあります。

洋服ダンス専用の防虫剤がなくても洋服ダンス専用の防虫剤がなくても

洋服ダンスなどに使う防虫剤にはタンス用のつるすタイプのものが
市販されていますが、ひきだし用のものを数個パンストなどに
入れてつるしたり洋服ダンスの壁面に貼り付けるなどでも代用できます。