よく噛むことの効果

食べることは楽しい!スマイルおいしい食卓/食のレシピ♪ → よく噛むとこんなにいい効果が!!

消化を助けて胃腸を保護する効果

よく噛むと胃腸の働きを助けます。

食べ物を歯で細かくかみ砕くと、唾液と混ざって、飲み込みやすくなります。

食物をスムーズに胃に送るためだけではなく、唾液には消化酵素のアミラーゼが含まれるため、体内での消化や吸収を促進するという重要な働きをします。
あまり噛まないと胃腸を余分に働かせ、胃腸に負担をかけてしまいます。

噛めば噛むほど唾液の量が増えるので、よく噛んで唾液をたくさん出して消化を助けましょう。

強いアゴをつくる効果

アゴがじゅうぶんに発達していないと子供の歯並びにも影響します。

「噛む」という動作により上下の顎の骨や顔の筋肉の発育を促し、強い顎を作ります。

子供の場合、顎が充分に発達していないと、歯が正しい位置にはえなかったり歯並びにも影響してしまうことにもなります。

また、あまり噛むことをしないと、顎の筋肉がやせてしまい、
顎の関節に力がかかる場合に支ええる力が弱いため、顎の関節がずれやすくなり顎関節症になってしまうおそれもあります。

虫歯・歯周病の予防の効果

噛んで強い歯をつくる。

虫歯になりやすいのは食べ物が歯の表面や歯の間などに付着したままにするからで
細菌がつくる酸が歯を溶かしてしまうからです。
唾液には虫歯菌が作る酸を薄める働きがあり、唾液には歯の表面や歯の間などに付着した食べ物のかすを洗い流す働きもあります。

また、唾液に含まれるパロチンというホルモンは強い歯を作る役目があります。

噛めば噛むほどたくさんでる唾液で虫歯になるリスクを軽減させましょう。
歯みがきガムなどおすすめです。

ストレス解消と肥満予防効果

よく噛んでダイエット効果!

よく噛んで食べると、あまり噛まずに飲み込んで食べるよりも満腹感が得られます。
これは噛むことにより、ゆっくりとした食事になって緩やかに血糖値が上昇し脳の満腹中枢も刺激されて
満足感を覚えるからです。

ゆっくりと時間をかけて食事を楽しめば、それだけで精神が安定し、
ストレス解消になるわけです。

またよく噛んで食べることで、自然と食欲にストップがかかり、肥満の予防にもつながります。

脳に刺激を与える

脳の老化を防ぐ効果

食べ物をよく噛むと、頭部の骨や筋肉が動いて血液の循環がよくなり、 脳神経が刺激されて脳の働きが活発になります。、

記憶力や集中力が増して学習能力が高まるだけでなく、 運動能力や体のさまざまな機能の発達にも影響することがわかってきています。、

子供だけでなく大人にとっても脳の老化を防ぐために噛むことはとても大切です。