h1テキストを入れます。

健康のレシピ → 食中毒の予防ー調理編

食中毒の予防・調理編

毎日毎日、献立を考えるのも大変、特に暑いとき忙しいときなんて
つい手を抜きたくなります。
簡単なものを作ったりお惣菜を買ってきてお皿に盛り付け食卓にという日もありですよね。
でも面倒くさいからと手を抜いてはいけないこともあるんです。

食中毒を防ぐためには調理の過程が重要です。

◆手を洗う

調理の前には石けんで手をよく洗う。

調理の前に石鹸でよく手を洗うことはとても重要です。
一見きれいに見える手ですがバイキンだらけです。
特に女性は爪を伸ばしたり指輪をしたりでバイキンがかくれています。
逆性石鹸や薬用石鹸を使うと効果は大きいです。
普通の石鹸でも正しく洗えば充分ですし、食器用洗剤で洗う調理の前は石鹸で手のひら、手の甲、指のまた、爪などを正しく洗います。

調理の途中でトイレに行ったり、赤ちゃんのオムツをかえたり、鼻をかんだり調理中に肉・魚など生ものをさわったときもそのつど手を洗うようにします。

手洗いは基本中の基本です。シンクの前にボトル式の液体石鹸を置いておくと
便利です。
調理中は手荒れをしないやさしい成分のものなら食器用洗剤で洗うのもいいかと思います。

◆タオルはベストポジションに

タオルはベストポジションがおすすめ

せっかく手をきれいに洗っても手を拭くタオルが不潔では意味がありません。
何度も使って湿ったタオルもバイキンやウイルスの温床になってしまいます。
急いでいて濡れた手をついエプロンで拭いてしまったりしていませんか?

清潔なタオルを手を洗ったらすぐ拭けるようなベストポジションにかけておくと便利です。

◆清潔な調理器具

調理前・調理後もきれいに

不潔な包丁やまな板などで切ったりすると食品にバイキンがついてしまうのは当たり前ですね。
調理前に洗い、調理後もきちんと管理することが大切です。

◆清潔な食器

清潔な食器に盛り付ける。

こ清潔な食器に盛り付けるということも、もっともなことです。
きれいに洗って拭いて食器棚に入れていても安全とはいえません。
食器棚は開けたり閉めたりしています。ホコリも入ります。
料理を盛り付ける前にもう一度洗ったほうがいい場合もあります。
ジメジメしている日など食器用のフキンを使うのが心配な時はティッシュペーパーやキッチンペーパーなどで代用できます。

洗った食器を拭いたペーパー類は水分を含んでいるのでガスレンジやちょっと汚れているところを拭いて捨てると経済的です。

◆調理する
(切る・煮る・温める焼く・揚げる・冷凍食品)

〔切る〕 肉や魚を切る前に野菜を切るほうがよい。 まな板を肉・魚用と野菜用を使い分ける。肉や魚を切ったあとは包丁・まな板を洗剤でよく洗う。 (洗ったあとに熱湯をかけるとより安全) 広げて洗った牛乳パックをまな板がわりにして肉・魚を切ってゴミ箱にポイ。洗う手間も省けます。 調理後の食品(例えば、たまご焼きやトンカツなど)を切る時はまな板の上にクッキングシートを敷いて切ると油でベトベトにならず便利です。 

 

〔煮る・温める〕 加熱は充分にする。 カレーやシチューなどを温める場合は底からよく混ぜる。

〔焼く〕 加熱は充分に、フライパンにフタをすると熱が通りやすいです。

〔揚げる〕 中まで火が通るように温度に気をつける。 特に冷凍食品を揚げる場合、衣は焦げているのに中は冷たいということもあります。

〔冷凍食品〕 解凍したものが残ったからと再冷凍しまた解凍するなどの繰り返しは危険です。

◆ちょっとしたアイデア

ビニール袋やラップを利用すると直接手に触れないので衛生的です。 指輪をいちいちはずさなくていいし途中で中断したり他の作業をするときに ベタベタの手を洗う手間が省けスムーズに行えます。

● ハンバーグなどの下ごしらえでコネコネするものは透明の小さいビニール袋を利用すると便利です。 ビニールの口が開いていない状態の未使用のビニール袋を裏返し手を入れ口をゴムでとめます。

●小麦粉やパン粉をつけるときもビニール袋の中でつけると洗い物も減るし便利です。

● おにぎりをつくるときはご飯に塩を混ぜ手のひらに切ったラップをのせその上に 適量のご飯を置き握ると衛生的でもありごはんつぶが手につきません。 手についた石鹸の匂いが気になるときにも使えます。