食中毒の予防

健康のレシピ → 食中毒の予防ー食事編

食中毒の予防・食事編

おなかペコペコ、待ちに待ったお食事タイム「いただきま~す!」の前に・・・

◆食事の前には手洗い

食事の前には手洗い

”いただきます”の前にきちんと石けんで手を洗いましょう。 子供はお箸などでうまくつかめなかったら手で口に入れてしまうこともあります。
子供の手はとても汚れています。子供にはうるさいぐらいに言いましょう。
食べる前に手を洗うの習慣がついたら言われなくても進んで手を洗うようになります。
どうしても手を洗いたがらなければ除菌ウェットティッシュなどで拭いてあげましょう。

除菌ウェットティッシュはお弁当など野外で食べる場合水道がなくても携帯していればとても便利です。

◆生もの

生もの

生ものはあまりダラダラと食べないようにします。
湿度で鮮度が落ちていきます。暖房で暖かい部屋では注意が必要です。
また夏場の暑い日はクーラーをつけるなどしましょう。

◆楽しく食べる

楽しく食べる

これは食事の基本ですね。
どんなに豪華な料理でも楽しくなくてはおいしくないです。
家族そろっておいしくいただきましょう。
楽しく食べたら少しぐらい苦手なものだって食べれたりします。

ご主人の帰宅が遅くても一人でご飯はちょっとかわいそう。せめて食卓にすわってあげましょう。

◆残った食品は?

残った食品は?

残った食品を食べる時は充分に加熱します。
カレーなどは底からかき混ぜて均等に火が通るようにする。
冷蔵庫を過信してはいけません。
特に一度開封したものなど賞味期限がまだあるからと安心してはいけません。

残った食品はラップや密閉容器などにうつし冷ましてから冷蔵庫や冷凍庫に入れ早めに食べましょう。

残った食品を食べるとき大丈夫かな?と少しでも心配だったら思い切って捨てることも大切です。